排水処理の改善・汚泥削減・BOD負荷低減

BW水改質装置による排水水質向上(BOD負荷低減)と汚泥処理コスト低減の事例を紹介します。

住宅の浄化槽清掃の汚泥が80%から激減 槽内水の透明度も急上昇

建物:一般住宅の浄化槽  設置場所:神奈川県小田原市国府津

BW設置前は、3か月で20%から70~80%に増加していた浄化槽の活性汚泥が、BW設置後5%に激減しました。浄化槽の水の透視度も、設置前平均9.3cmから設置後は平均16cmと急上昇。汚泥を食べる好気性微生物を活性化する溶存酸素の量(DO値)も増えています。

浄化槽の仕組み

N氏邸浄化槽汚泥SV値(汚泥沈殿率)と透視度の変化

測定年月日SV値(汚泥沈殿率)(%)透視度(cm)DO(溶存酸素)値(mg/l)※
平成11年11月10日7063.3
平成12年2月9日20114.0
平成12年5月6日80113.3
平成12年11月28日 BW設置
平成13年8月10日5186.1
平成13年11月12日5146.0
平成14年2月8日5166.0

排水のBOD低下

建物:(株)大滝 おしぼり洗濯工場  設置場所:茨城工場   

大滝茨城工場全景

期 間 :平成17年3月13日~平成17年6月13日
テスト概要:

  1. おしぼり洗濯工場の2つの自動洗浄ラインのうち、1ラインに水改質装置ザ・バイオウォーターΩ80を取付。
  2. 改質装置のあるライン・ないラインの製品の仕上がりの比較を行う。 
  3. 水海道市の排水基準(BOD25)をクリアできていないので、給水の改質による排水への影響を調査する。
株式会社大滝 茨城工場 工場排水のBODの推移

取付後、3ケ月でBODの値が激減しました。

67%の汚泥処理コスト削減

建物:横浜冷凍(株)

水質検査機関:株式会社小田原カスタムマニュファクチュアリングサービス
(株)日立製作所ストレージシステム事業部内 

余剰汚泥の処理コスト削減の予測法

建物:リコーエンジニアリング(株)事業所  設置場所:海老名事業所  測定:(株)環境総合分析

水の種類BOD値
BW改質水+厨房排水
1:1の希釈水
70
未改質水+厨房排水
1:1の希釈水
20
(株)環境総合分析 測定

BW改質水で希釈した排水はBODが20%減少

このテストでは排水を2分の1に希釈していますが、実利用では排水全体が改質されているため、
テスト結果の2倍の40%のBOD減少が可能です。処理コストとしても40%の削減が期待できます。

水循環基本法との関連について